体に負担を掛けない放射線治療|定期的に受けたい乳がん検診

看護師

負担のない治療法

病院

日本人の死亡原因のワーストにも入っている病といえば、がんでしょう。がんは悪性の腫瘍の一種であり、高い増殖力により腫瘍として膨れ上がることで、神経や臓器の圧迫や機能不全をもたらす危険な病なのです。厄介なのが放置すると血液やリンパ節から別の器官へと転移してしまうことです。進行性が早いがんとなると、発見が遅ければ全身へとがんのリスクが拡散してしまうため、注意が必要となります。がんの治療では、昔から腫瘍の摘出による治療が高い効果をもたらしました。しかし、切開による治療は体に負担が掛かるので、患者さんの体力面の問題で行なえない場合もあります。また、腫瘍が重要な動脈や神経に近い場合や、転移が多くの場所で見つかる場合などは、切開による施術は効果的とはいえないのです。そこで利用ができるのが、切らずにがんの治療が行なえる放射線治療です。放射線治療では、がん腫瘍に体の外から放射線を照射することで、腫瘍を縮小させられる施術方法なのです。切開を行なわないため、体への負担が小さく、体力に問題がある人や切開が行なえない部位のがん治療も問題なく行なうことができるのです。

放射線治療はどの部位に現れたがんにも高い効果をもたらすため、多くのがんへの治療に有効な施術方法となります。しかし、放射線治療機は高額であるため、現在日本でも設置をしている病院は少ないものです。あらかじめがん治療を受ける場合、放射線治療機器を設置している病院を調べておくことや、放射線治療を専門に行なうセンターを利用する必要があるでしょう。

リンパにできるガン

医者と看護師

悪性リンパ腫は、リンパ節に現れるガンです。病が進行すると、体のあらゆる場所にガン細胞が広がってしまうので、早めの診察と治療を行なうことが重要となります。抗ガン剤や放射線治療が高い効果をもたらすほか、造血細胞移植による治療も行なえます。

View Detail

脳に現れる危険な病

男性女性

脳動脈瘤は、破裂することでくも膜下出血などの突然死を招く病を誘発させるため、注意が必要な病です。記憶障害やろれつがまわらないなどの症状が現れるため、こうした兆候が現れれば病院での検査を行ないましょう。治療法としてはクリッピング治療や血管内治療が用いられます。

View Detail

女性が気をつけるべき病

微笑む女性

女性の多くに罹患するリスクがあるとされるがんが、乳がんです。しこりとして発覚する場合もありますが、見た目や感触では分からない乳がんもあるため、定期的に乳がん検診を受ける必要があります。医師の触診や視診のほか、マンモグラフィーなどの機器の利用も効果的です。

View Detail